ノンフィクション・ドキュメンタリー

2009年10月13日

バブル崩壊で実業家から時給810円になった日本人男性が英BBCで放送され人気ものに! - livedoor ニュース via kwout


前の記事でも日本人のワーキングプアをテーマにした映画のことを書いたが、この記事で紹介している映画は、英国人のドキュメンタリー作家ショーン・マカリスター監督が日本のワーキングプアの実態を描いた「ナオキ」。

映画の内容は、バブル期に富をつかんだが、バブル崩壊ですべてを失った主人公ナオキの人生を描いたもの。
 
この映画はNHKと英国BBCの共同製作の作品で、完成するまでに何年もかかっている映画。 

しかしなぜ英国人がこれほど日本人のワーキングプア問題に関心を寄せるのかが少し気になる。



awaresome at 16:28 

日本人の過酷な労働時間への訴えがイギリス人に共感!レインダンス映画祭で土屋トカチ監督が受賞! - livedoor ニュース via kwout

日本のワーキングプアの実態を描いたノンフィクション映画が、ロンドンのレインダンス映画祭でドキュメンタリー賞を受賞というニュース。

映画のタイトルは土屋トカチ監督「フツーの仕事がしたい」。

これは、テレビではスポンサーなどの事情からなかなか放映できないだろうから、映画でないと見られない作品ではないかと思う。

撮影するのも大変な映画だったと思う。

そのトラック運転手の過酷な労働の実態は下記リンクの記事で書かれている。

http://www.cinematoday.jp/page/N0020115

イギリスの記者からKaroushi(過労死)についての質問が相次いだようだが、イギリスでは同じような過労死問題がないのか、そちらの方が知りたくなる。



awaresome at 15:49