2009年10月13日

日本人の過酷な労働時間への訴えがイギリス人に共感!レインダンス映画祭で土屋トカチ監督が受賞! - livedoor ニュース via kwout

日本のワーキングプアの実態を描いたノンフィクション映画が、ロンドンのレインダンス映画祭でドキュメンタリー賞を受賞というニュース。

映画のタイトルは土屋トカチ監督「フツーの仕事がしたい」。

これは、テレビではスポンサーなどの事情からなかなか放映できないだろうから、映画でないと見られない作品ではないかと思う。

撮影するのも大変な映画だったと思う。

そのトラック運転手の過酷な労働の実態は下記リンクの記事で書かれている。

http://www.cinematoday.jp/page/N0020115

イギリスの記者からKaroushi(過労死)についての質問が相次いだようだが、イギリスでは同じような過労死問題がないのか、そちらの方が知りたくなる。



awaresome at 15:49 
映画 | ノンフィクション・ドキュメンタリー

2009年10月09日

livedoor ニュース - NHK記者が暴走か! Winny金子氏に『デスノート』的手紙を送る via kwout


「Winny(ウィニー)」作者の金子勇氏にNHK京都放送局の記者がインタビュー依頼の手紙を送った件については、上記サイトに手紙の引用文がある。

Winnyについてはあまり詳しいことを知らなかったので、今回の件で金子勇氏が一部で47氏と呼ばれていることを初めて知った。 

個人的にWinny関連でやっていることといえば、時々Winnyが入っているかどうかチェックするセキュリティソフトをかけて、調べてみるくらいのことしかしていない。 

素人にはわかりにくい技術を扱った事件なのも、問題がこじれた大きな理由だろう。


 



awaresome at 01:55 
インターネット 

2009年09月18日

 



インテリア販売の大手、ニトリが大幅値下げをした結果、利益の方が大幅増になったというニュースです。

以前に餃子の王将や激安ラーメンのハイデイ日高などの激安飲食店の利益率が高いという報道が出ましたが(外食産業の勝ち組「餃子の王将」 社員が1日10万円稼いで高水準の給料を確保)、安売りは儲かる、という現象が、商売の鉄則になってきたようです。

少なくとも、消費者にとってはいいことでしょう。
 

 



awaresome at 23:02 
経済 | 企業